【公式】クレジットカード現金化の比較ならマネーリサーチ!

即日現金化高還元率キャンペーン継続中
高換金率!即日現金!平日夜間・土日祝日対応!あなたにぴったりの現金化業者がきっと見つかる!マネーリサーチの調査によって厳選した、安心の優良業者をランキング形式でご紹介! 高換金率!即日現金!平日夜間・土日祝日対応!あなたにぴったりの現金化業者がきっと見つかる!マネーリサーチの調査によって厳選した、安心の優良業者をランキング形式でご紹介!

クレジットカード現金化とは

クレジットカードと1万円札

「明日までの家賃の支払いどうしよう・・・」
「友人の結婚式のご祝儀が用意できない・・・」
「お金を借りて信用情報に履歴が載るのは怖いな・・・」

こんな誰にでも経験があるお金の悩みに答えてくれるのが「クレジットカード現金化」です!

クレジットカード現金化は、お手持ちのクレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法。
クレジットカード現金化業者を利用すれば、慣れている人なら最短5分初めての方でも1時間前後で現金調達することが可能です。

ただし、現金化はクレジットカード会社の利用規約で明確に禁止とされている方法
また、減少傾向にあるとはいえ、悪質な業者による被害報告は今も続いています。

利用する際には、これらのリスクやデメリットについてもしっかりと理解しておく必要があります。
当サイトでは、これからクレジットカード現金化を検討したいという方のために、クレジットカード現金化の基礎知識や悪質な業者の手口、おすすめ業者の比較やランキング、自分に合った業者の検索など、様々なコンテンツを取り揃えています。

疑問や不安を解消して納得のいく取引をするための、お力になれれば幸いです。

クレジットカード現金化業者を検索!あなたにぴったりの業者を探そう! クレジットカード現金化業者を検索!あなたにぴったりの業者を探そう!

利用金額
ご利用時間
利用予定のクレジットカード



ご利用可能銀行



こだわりポイント



目次 目次

クレジットカード現金化の優良業者を見極めよう!

現金化のポイントを教えてくれる女性

クレジットカード現金化の業界では、昔は悪質な業者が多く存在すると有名でした。
しかし、取り締まりの強化や優良業者が増えたことによって、悪徳業者は減少傾向にあると言われています。
とはいっても、悪徳業者によって詐欺まがいの方法で騙されたという利用者の声はまだあります。
自分が被害に遭わないよう、優良店舗の見極め方をおさえておきましょう!

口コミ・比較サイトの評判は信頼できる?

クレジットカード現金化業者を選ぶ際、ほぼ全ての人が参考にするのが、ネット上の口コミや評判です。
一般のサービスを選ぶ際は大いに役立つ口コミですが、クレジットカード現金化に関しては、ネット上の口コミを無条件に信頼するのは危険と言えます。

クレジットカード現金化には多くの口コミ・比較サイトが存在します。
サイトが多い理由は、クレジットカード現金化業者がアフィリエイターに広告掲載をお願いしているから。

アフィリエイターは自分のサイトから、掲載サイトの利用者が出れば収入になるため、業者自体が良いか悪いかを確認することもなく、最高の業者だと絶賛してユーザーに利用を促します。

また、口コミサイトについても自作自演することは不可能ではないため、信頼に値するものを自分で取捨選択する必要があります。

色々なサイトを見比べてみよう

ネットで口コミや評判を見る時には、色々なサイトを見比べてみましょう。 多くのサイトで評価が変わらない現金化業者は信頼度が高いと言えます。

対して、ほとんどのサイトでそれほど高い評価を受けていないにも関わらず、特定のサイトでは絶賛されているような現金化業者は怪しいですね。 利用する業者を探しているのなら、候補から外してしまった方が良いでしょう。

公式サイトを確認する

クレジットカード現金化現金化業者を選ぶ際には、しっかりと公式サイトを確認しましょう
悪質な現金化業者は警察などにバレそうになると、どんどんサイトを入れ替えるという手法をとっていることがほとんど。
そのため、一つのサイトに手間やお金をかけることを嫌って、サイトのデザインが安っぽく、内容も簡単になるケースも多いんです。

また、警察にその営業場所を知られることを避けるために、住所の記載がない、記載された住所がデタラメ、ということも。
必ず、公式サイトの会社概要ページなどで業者の住所の記載を確認し、記載があっても油断せず、googlemapなどで住所を確認してください。
調べた住所がレンタルスペースだったり住所を検索してもヒットしない場合には、何かやましいことがあるはずなので、最大限に警戒しましょう!

個人情報は必要以上に聞かれないか

悪質な業者の中には、審査があると言ったり、取引上必要だと言って、詳細な個人情報を聞き出そうとしてくる業者も存在します。
特に以下の情報を要求された場合は、すぐに利用をやめるようにしましょう。

  • ・クレジットカードのセキュリティコード(カード裏面に記載されている数字)
  • ・勤務先、家族構成など詳細な個人情報

セキュリティコードを使ったカードの不正利用にご用心

セキュリティコードを求めてくる悪質業者の目的は、クレジットカードの不正利用です。

クレジットカード番号とセキュリティコードが揃えば、インターネット上で自由にカード決済できてしまいます。
申し込みの際にクレジットカードの表面裏面の写真が必要と言われることがありますが、裏面にはセキュリティコードが含まれますので、特に慎重になりましょう。
真っ当な業者であれば、カードの裏面は必要なかったり、セキュリティコードは隠す旨の指示があります。

個人情報の転売に注意!

また、クレジットカード現金化をする=お金に困っている人ですから、そうした人の個人情報はヤミ金業者などが高値を出しても欲しがるのです。
原則として、本人確認書類に記載されている情報以外の個人情報は必要ありません。

どういった情報が必要なのかを知っておき、不審な質問が来た時は、なぜその情報が必要なのか確認してください。
納得のいく説明が受けられない時は、個人情報は渡さずにすぐに利用を取りやめましょう。

厳選優良クレジットカード現金化業者ランキング

当サイトで厳選した優良サイトを比較検討し口コミなどを調査した結果、自信を持ってオススメすることの出来るサイトをご紹介いたします。

おひさまクレジット

おひさまクレジットスクリーンショット
最高換金率
最高97%
対応スピード
最短10分
電話対応時間
9:00〜19:00
申し込みは24時間
利用可能日
平日夜  :可
土日・祝日:可
  • 創業13年以上の老舗!
  • 高いリピート率で口コミも上々!
  • 換金率も高く満足度も◎!
  • 24時間対応可能なネット銀行多数取扱い!

キャッシュライン

キャッシュラインスクリーンショット
最高換金率
最高98.8%
対応スピード
最短5分
電話対応時間
9:00〜20:00
申し込みは24時間
利用可能日
平日夜  :可
土日・祝日:可
  • 人気急上昇!利用者右肩上がり!
  • 換金率最高98.8%!
  • 最短5分でリピート率も高い!

あんしんクレジット

あんしんクレジットスクリーンショット
最高換金率
最高98.8%
対応スピード
最短10分
電話対応時間
メール申し込み24時間対応
利用可能日
平日夜  :可
土日・祝日:可
  • 業界最大手!営業歴も長くて安心!
  • 換金率、対応スピードともに高評価!
  • 接客対応も丁寧で満足度が高い!

簡単解説!クレジットカード現金化の仕組み

ここからは、クレジットカード現金化の仕組みについて見ていきましょう。
クレジットカード現金化は一見複雑そうに見えますが、紐解いていけばそれほど難しいものではありません。

簡単3STEPでわかる買取方式の現金化

クレジットカード現金化の基本は買取方式と呼ばれる方法。

特に店舗を構えて運営している現金化業者は、基本的にこの買取方式を採用しています。
簡単に解説すると以下の3ステップになります。

  1. STEP1:クレジットカードで商品を購入する
  2. STEP2:購入した商品を現金化業者に売却する
  3. STEP3:売却金額から現金化業者の手数料を引いた金額が振り込まれる

買取方式に関しては、通常の商品を中古ショップで売ることと大きな違いはありません。
違うのは、最初の商品の購入時にクレジットカードを利用しているかどうかだけ。
解説してしまえば、単純ですよね。

料金の支払いは、通常のクレジットカードのショッピングと同じでカード会社に行います。
支払い方法なども、カード会社との契約に準じるので、分割払いやリボ払いにも対応しています。

簡単2STEPでわかるキャッシュバック方式の現金化

クレジットカード現金化で買取方式と並んで主流なのがキャッシュバック方式

買取方式が店舗型で採用されているのに対し、キャッシュバック方式は主にネット完結型の現金化業者で採用されています。 こちらは2STEPで簡単に解説しましょう。

  1. STEP1:クレジットカードで商品を購入する
  2. STEP2:購入した商品のキャッシュバックとしてお金が振り込まれる

こちらは買取方式よりもさらに単純ですね。

キャッシュバック方式も商品の支払いはカード会社に行い、契約に応じて分割払いやリボ払いが可能です。

現金化が危険と言われる理由とは?

買取方式は中古販売と同じ仕組み、キャッシュバック方式は商品におまけとして現金がついてくるだけ。
では、なぜクレジットカード現金化は危険だと言われるのでしょうか。

それは、買取方式にもキャッシュバック方式にも、グレーゾーンと言われるような問題点があるからです。
その問題点について、詳しく見ていきましょう!

買取方式の現金化がグレーゾーンの理由

購入したものを売却しているだけなのに、なぜ買取方式の現金化は危ないと言われるのでしょうか。
その理由は、クレジットカードで購入した商品は、カード会社への支払いが済むまでカード会社が所有権を所持しているからです。

他人が所有権を持つものを勝手に売り払ってしまうことのはマズいですよね。
法的に言えば、横領罪に当たる可能性が指摘されています。

ただし、クレジットカード現金化を犯罪として立証するためには、その商品を購入した時点で現金化の意思があったのかどうか、支払いを終えていないという認識があったかどうかなどを示さなくてはなりません。
こうした事情もあって、実際には黙認されているのが現状です。

キャッシュバック方式の現金化の問題点

買取方式と違って、転売をしないキャッシュバック方式にも問題点はあります。
一般的にキャッシュバックは景品表示法という法律で規制されています。

キャッシュバックが成立するためには、利用者がきちんと商品を受け取る必要があります。
商品が受け取られず、商品購入の事実が認められなかった場合は、キャッシュバックではなく高金利な貸金業と受け取られる危険性があるのです。

そうなると、適用される法律は景品表示法ではなく貸金業法や出資法になります。
金利は基本的に年率で換算するため、現金化の換金率を金利に換算すると、貸金業法においてはほぼ間違いなく違法となってしまいます。
今のところ、クレジットカード現金化で利用者が逮捕された事例はないものの、トラブルを避けるためにも商品の受け取りは確実に行いましょう。

クレジットカード現金化利用の流れ

さて、それではクレジットカード現金化業者の利用の流れを見ていきましょう!

クレジットカード現金化には、カードローンやキャッシングのように、審査という手順がないため、手続きは非常にスムーズ。
ネット完結型現金化業者のサイトに最短10分などと書かれていますが、その秘密は審査がないことにあるんですね。

ネット完結型の場合

ネット完結型の現金化業者は、インターネットの公式サイトから申し込みを行うところからがスタート。
近年、かなり数が増えてきていますので、自分の条件に合った業者を探すこともできます。

なお、公式サイトなどに記載されている最短10分は、下記の本人確認がない場合を想定していることがほとんど。
その業者を初めて利用するという人は、約1時間前後は時間に余裕を見ておいた方が良いでしょう。

また、ネット完結型には買取方式とキャッシュバック方式がありますが、利用の流れについては両者ともに大きくは違いはありません。

  1. 1、申込みフォームから申込み
    公式サイトには申込みフォームがあるので、必要事項を記載して申込みましょう。
    最初から電話で申込むことも可能ですが、フォームに入力する内容は電話でも確認されるので、フォームから申し込んだ方が説明する手間が省けてスムーズです。
  2. 2、業者からの電話で本人確認
    希望した時間帯に、業者からの電話があります。
    そこで、本人確認書類の提出方法などの指示があるので、指示に従って本人確認を済ませましょう。
  3. 3、商品をクレジットカードで決済
    ECサイトなどで商品を購入するよう指示があるので、指示通りに商品を購入しましょう。
  4. 4、指定した銀行口座に業者から現金が振り込まれる
    業者側でカード決済が確認された時点で、指定した銀行口座に現金化業者から現金が振り込まれます。

店舗型現金化業者の場合

ほとんどの店舗型のクレジットカード現金化業者は、人通りの多い駅前や繁華街などに店舗を構えています。
大きな駅の前にある金券ショップなども現金化業者に数えることも。

利用の手順は以下の通り。

  1. 1、店舗を訪問する
    特に予約などは必要ありません。
    本人確認書類など必要なものを持参して、店舗を訪問しましょう。
  2. 2、商品をでクレジットカードで決済 換金率などに合意したら、クレジットカードを使って商品を購入します。
    基本的には店舗スタッフの指示通りの商品を購入することになります。
  3. 3、現金化業者が商品を買い取る
    カード決済を行なって購入した商品を業者が買い取ります。
  4. 4、現金を受け取る
    その場で現金を手渡されます。
    店舗型の場合は、その場でお金を受け取れることがメリットのひとつでもあります。

クレジットカード現金化の必要なもの

クレジットカード現金化に必要なものは基本的に以下の3つ。

  • ・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • ・クレジットカード(ショッピング枠に余裕のあるもの)
  • ・振込先の銀行口座

本人確認書類について

クレジットカード現金化で利用できる本人確認書類は、業者によって違います。
ほとんどの現金化業者で利用できるのは、おなじみの運転免許証やパスポート。
もし、これらの書類がないという場合には、住民票や健康保険証などになりますが、どんな書類が利用できるかは申込みの際に確認しておきましょう。

クレジットカードについて

基本的に国内で発行されたメジャーなブランド(VISA、MASTERS、AMEX、JCBなど)のカードであれば、問題なく利用できます。
決済手数料等の関係から、AMEXなどは換金率が低くなるという噂もありますが、業者によって違う上に誤差の範囲。

どうしても気になるという人は、申込みの際に確認してみましょう。
また、海外で発行されたカードやマイナーブランドのカードについては、利用できない可能性もあるため、こちらも確認が必要です。

クレジットカードショッピング枠の確認方法

クレジットカード現金化で利用するためには、クレジットカードのショッピング枠に余裕があることが条件となります。
色々と買い物をしすぎてショッピング枠が余っているかわからない人はカード会社に電話かインターネットで問い合わせましょう。
(※クレジットカード現金化業者には利用者のショッピング枠を把握する手段がありません)

カード裏面に記載されている問い合わせ用の番号に電話をするか、カード会社のホームページにアクセスすれば利用状況を確認することができます。

クレジットカード現金化は、これまでご紹介した通り、デメリットもリスクもある現金調達方法。
それでも、クレジットカードが誕生したと同時期から存在し続けています。

それだけ長期間に渡って存在しているのは、確かな需要があるから。
では、どんな人たちから、どんなタイミングで必要とされているのかを見ていきましょう!

まず、最初は今すぐお金が必要という人。

クレジットカード現金化は、担保や保証人の必要がなく、キャッシングやカードローンのように審査もありません。

特に最近はネット完結型現金化業者の登場で、スマートフォンさえあれば全国どこからでも即日現金化ができます。
どうにかして、今日中にお金を作らないといけないという人にとっては、非常に心強い存在と言えますね。

続いては、何らかの理由で銀行から融資を受けられないという人。

金融機関の融資の審査は厳しく細かいことで知られています。
何らかの理由で返済を遅延、延滞している場合、信用情報にそのことが記載され、最悪の場合、数年間は新たな融資を受けることは難しくなります。

また、近年になって、総量規制(収入の3分の1までしか借金ができないというルール)が厳格化され、学生や専業主婦など安定収入のない人たちが金融機関からお金を借りることは難しくなりました。
その点、クレジットカード現金化なら、お金を貸しているわけではありませんので、貸金業法に該当しません。
貸金業法に規定される総量規制にも縛られず、クレジットカードさえ持っていれば学生でも主婦でも利用することが可能というわけですね。

最後にご紹介するのは、個人事業主を始めとする経営者。

経営というのは何が起こるかわからないもの。
順調なように見えて、突然資金繰りが悪化するということも十分にありえます。

しかし、経営状態が悪化した時点で、金融機関から資金を調達することはとてつもなく難しくなります。
よく言う「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」という銀行の性質ですね。

そんな絶体絶命のピンチを乗り切るための事業資金として、クレジットカードのショッピング枠を現金化する経営者も存在します。
前述のように、貸金業法に縛られず、審査もないため、素早い資金調達ができるメリットが大きいですね。

通常のカードのショッピング枠では、金額の面で不安かもしれませんが、ご安心ください。
基本的に現金化業者を利用する場合は、クレジットカードを複数枚利用することが可能ですし、ショッピング枠が大きい法人カードを利用することもできます。
意外にも応用範囲が広い現金調達方法として用いられているんですね。

当サイトおすすめ!優良現金化業者を徹底比較!

当サイトで検証が完了し、おすすめできると判断した優良なクレジットカード現金化業者の比較表になります。
どの業者を選ばれても絶対安全で自信を持っておすすめすることができる業者だけを掲載しています。

さらに、お得に現金化をするためには、複数の現金化業者で相見積もりをとるのがオススメ!
他の業者よりも換金率を高くすると、公式サイトで宣言している現金化業者もあるので、時間があるならいくつかの業者で相見積もりをとってみましょう。

業者名 換金率 対応
スピード
営業時間 口コミ評価 おすすめ
ポイント
あんしん
クレジット
最高
98.8%
最短
10分
9:00~
20:00
4.5点/
5点満点中
口コミ
評判抜群!
おひさま
クレジット
最高
97%
最短
10分
9:00~
19:00
4.2点/
5点満点中
老舗の安心感!
ひまわり
ギフト
最高
96%
最短
5分
9:00~
20:00
4.0点/
5点満点中
換金率
交渉可能!
スマイル
ギフト
最高
93%
最短
5分
24時間対応 4.6点/
5点満点中
女性オペレー
ター対応!
キャッシュ
ライン
最高
98.8%
最短
5分
9:00~
20:00
4.0点/
5点満点中
リピーター
率高し!

知っておきたい注意点

金策について考えている男女

さて、これまでクレジットカード現金化のメリット・デメリットについて解説してきました。
しかし、インターネットで情報を集めていると、現金化は絶対に手を出してはいけないという話も目にしたことがあるでしょう。

なぜ、そのように危険だと噂されるのでしょうか。
比較サイトや口コミサイトなど、現金化利用を促すサイトでは、リスクばかりを過大に捉えているためと説明されます。

しかし、現金化には決して無視できない大きなリスクが潜んでいることも事実。
ご利用の前にぜひ知っておいていただきたい、現金化の注意点についてまとめました。

目先の借金を返すためだけの利用はNG

まず、現在している借金を返済するために利用するというのはオススメできません。
特に借金のために借金を重ねている場合などは危険です。

クレジットカード現金化で利用した分の支払いは、ショッピング枠の返済という形になります。
ショッピング枠はどのカードも上限金利に近く設定されています。

今回だけ乗り切れば返済の見込みがあるならともかく、自転車操業的な資金調達に使っても利息が膨らむばかり。
さらに、最終的に債務整理や自己破産を決心した時に、クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当するため、これらの選択肢が取れないことも。

現金化は、あくまで一時的な現金調達手段とし、返済が難しい場合には弁護士や消費者生活センター等に早めに相談するようにしましょう。

最終的な換金率に注意

クレジットカード現金化で「詐欺にあった!」というケースの多くが換金率に絡んだ問題。
電話等で確認した換金率よりも実際に振り込まれた金額が少ないことでトラブルになります。

悪質な業者の場合、取引が終わった時点で対応が悪くなり、まともに取り合ってくれないことも。
そんな悪質な業者に騙されないためにも、しっかりと自分にあった優良業者を選ぶ必要があります。

また、優良な業者であっても、公式サイトに記載されている換金率と違ったという口コミもよくあります。
この場合、公式サイトに記載されているのは、あくまで「最大換金率」であることを利用者が理解していないケースがあります。

扱いとしては、キャッシングやカードローンなどの「最低金利」と同じようなもの。
利用金額や利用回数など、複数の条件を満たした場合のみ適用されることも知っておいてくださいね。

悪質な詐欺業者の存在

上述の換金率を大幅に下げる業者も含めて、クレジットカード現金化の業界には悪質な業者が存在しています。
警察や国民生活センターなどにも、毎年数十件の被害報告が寄せられています。
ただ、グレーゾーンのサービスで利用者が警察などに訴え出にくく、泣き寝入りしてしまうことも多い為、表に出ている件数より相当数多くの被害があると考えられます。

悪質な業者を見破るためのポイントは前述しましたが、改めて確認すると以下の点に注意が必要です。

  • ・様々な口コミ・評判
  • ・公式サイトをチェックする
  • ・電話対応は丁寧か
  • ・個人情報は守る

もっと悪徳業者から身を守る方法を詳しく知りたいと言う方は、こちらもチェックしてください!

カード会社にバレたらどうなる?

クレジットカード会社にショッピング枠を現金化していることがバレてしまったらどうなるのでしょうか。

クレジットカード会社に確実に現金化していると思われた場合、まずクレジットカードのそれ以上の利用ができなくなり、次の更新時には間違いなく強制解約させられるでしょう。

また、規約違反の利用があったことが信用情報に記載された場合、信用情報を共有する他の金融機関にも影響があることが考えられます。
他のクレジットカードの利用停止や、金融機関から新たな借入が出来なくなる可能性も。
さらには、債務整理を行うことになった際に、クレジットカード現金化がバレて免責不許可事由となる原因になるかもしれません。

また、普段あまり新幹線を利用しない人が、新幹線の回数券をまとまった数購入するなど、怪しい購入履歴があった時点で自動検知システムによってカードの利用が停止されます。

これはあくまで不正利用などの予防措置としての利用停止。 後にカード会社から電話連絡があった際に事情を説明すれば、すぐに利用停止は解除されます。

現金化は違法って本当?逮捕者が出たという噂は?

一部のサイトでは、クレジットカード現金化が違法だと噂されています。
利用を考えている人にとって、違法行為かどうか、逮捕されるかどうかは、大問題。
実際に、現金化業者サイドには逮捕された事案も存在するため、不安は大きいでしょう。

そうした噂で不安な方のために、現金化の違法性について解説していきます。

利用者が逮捕される可能性

現金化の利用を検討している方が、一番気になるのは、利用者が罪に問われ、逮捕される可能性があるのかということですよね。
まずは、その点について解説しておくと、利用者側で逮捕者が出たという記録は2018年2月現在はありません。

違法と判断され、逮捕者が出たケースは現金化業者サイドばかりということですね。
利用者はどちらかというと、違法な業者に騙された被害者という判断のようです。

ただ、今後の法解釈の変更などで、悪質な利用者については違法と判断される危険がないわけではありません。
これからもずっと違法にならないと決まっているわけではないということを理解しておきましょう。

違法性の真実

クレジットカード現金化は現在の法解釈では、『黒に近いグレー』という表現が正しいと言えます。
クレジットカード会社の利用規約には違反していますが、明確に現金化を裁くことのできる法律は存在しません。 そして、日本は法治国家ですから明確に有罪と証明とする法律がない以上は、違法とすることはできず合法と見なされるのです。

過去の違法業者の逮捕事例の特徴としては、何らかの悪質な詐欺や闇金業者との関わりが問題となっているということ。
違反した法律としても、出資法違反などや所得税法違反など、現金化以外の業界でも違法扱いとされて逮捕されるようなケースばかり。

以下で、実際に過去のクレジットカード現金化業者の逮捕事例を見てみましょう。

過去の現金化業者の逮捕事例について

過去の現金化業者の逮捕事例を見ていくと、次のようになります。

1、2011年8月、「キャッシュバックス」代表が逮捕
あまりにも低い換金率で現金化を行っていたため、実質的に闇金融と見なされました。

2、2012年7月、「ユニティワン」「城南ギフト」など複数の現金化店舗を展開していた代表者が逮捕
こちらは、脱税による所得税法違反が問題となった。

3、2013年5月、違法なアダルトサイトの料金をクレジットカード現金化させて支払わせたとして、サイト運営者らが逮捕
もともとのサイト自体が悪質で違法な詐欺サイトだったようですね。

4、2013年9月、貸金業者として正規に公安登録を行っていた「朋友エンタープライズ」
買取方式で営業していたが、商品売買の実態がなかったために逮捕に至りました。

5、2014年10月、古物商「Pmo」が出資法違反で逮捕
代表者は以前にも違法な闇金融業者としての逮捕歴があったとのこと。

上記のように、ヤミ金業者との繋がりや脱税、売買の手順を簡略化させるなどの問題がある業者が逮捕されていることがわかります。

利用者側に逮捕事例はないとはいえ、トラブルに巻き込まれるのが好きな人もいないと思いますので、少しでも怪しいと感じた業者とは取引をしないようにしましょう。

自分で行う現金化

ここまで、現金化業者を通して行うショッピング枠の現金化について解説してきました。

しかし、クレジットカード現金化は必ずしも業者を通す必要はありません。
自分でクレジットカードで商品を購入し、売却して現金を入手する買取方式であれば自分でも可能です。

この自分で行うクレジットカード現金化には、メリットもデメリットも存在するため、検討中の方はしっかりと把握しておきましょう。

自分で現金化するメリット

自分で現金化を行うメリットには次のようなものがあります。

  • 換金率100%超で利益が出る可能性も!
    最も大きなメリットは、業者への手数料などを支払う必要がないため、うまくすれば利益が出る可能性があること。
    プレミア物の商品や海外の人気商品などの知識や情報を持っていれば、高い換金率を実現しやすくなります。
  • 現金化業者と話す必要がない!
    自分で現金化するのですから、当然、業者と話す必要はありません。
    人見知りな方も、悪質な現金化業者を避けたい方も安心ですね。

自分で現金化するデメリット

自分で現金化を行う場合には、デメリットも存在します。

  • 目標金額に届かない可能性
    現金化業者を通す場合は、換金率を提示してくれるので目標金額に届くかはすぐにわかります。
    これに対し、自分で現金化する場合は、利益が出る可能性がある一方で、大幅に損をして目標金額に全く届かない可能性も。
  • 高換金率な商品や売却店舗の知識が必要
    どんな商品であれば高く売却できるのか、クレジットカードでの決済が可能か、売却する時の店舗はどこを利用すれば良いかなど、様々な知識が必要となります。
    これらを一から調べるのは、相当な手間・負担となるでしょう。
  • クレジットカード現金化がカード会社にバレやすい
    一般的に、自分でクレジットカード現金化を利用するとカード会社にばれやすくなると言われています。
    現金化業者では決済時に決済代行会社を通すため、カード会社に流れる情報にはフィルターがかかります。
    しかし、自分で現金化を行う際には、直接カード会社に情報が流れてしまいます。
    カード会社にバレると、クレジットカードの利用停止をはじめ、様々な不利益を受ける危険があるので注意が必要です。
  • 時間と手間がかかる
    個人的に最も大きなデメリットとなるのが、この時間と手間がかかるということ。
    現金化アプリ等で、ネットだけで現金化をすることも可能にはなってきています。
    しかし、どこにいてもスマホだけで申し込み可能で、最短10分程度で終了する業者と比べれば、時間も手間も相当な負担となることは確実です。

具体的に自分で現金化する方法

上記のような、メリットデメリットを理解した上で、それでも自分でクレジットカード現金化をやってみたいという方に、いくつか自分でできる現金化の方法をご紹介しましょう。

新幹線の回数券

新幹線の回数券は昔から利用されている現金化の商品で、使用期限が遠いほど換金率が高いのが特徴です。 みどりの窓口でクレジットカード決済して、金券ショップなどに持ち込みましょう。

ただし、昔から利用されているだけあって、カード会社のチェックも厳しくなっているため、普段回数券を購入しない方は注意が必要です。

金券、ギフト券

ブランドごとのギフトカードやAmazonギフト券、iTunes Cardなど、様々な金券やギフト券も代表的な現金化の商品。 それぞれ、クレジットカード決済をする方法などに違いがあります。

ゲーム機、家電

高価なゲーム機や家電なども高換金率が実現可能。 ただし、流行り廃りや売れ筋商品などの知識が必要になるので、難易度は少し高め。

ブランド品

こちらもわかりやすい高級品で、換金率も高いです。
ただし、新幹線の回数券と同じく、普段なじみのない方が購入すると不正利用検知システムにかかって利用停止になる可能性も。
利用者の状況やカード会社の基準によりますので、詳しい条件は不明。

以上、それほど知識のない方でも、高換金率で取引できる商品をご紹介しました。
繰り返しになりますが、自分で行う以上は、換金率についての保証がないこと、利用停止リスクが高いいことを理解しておきましょう。

安全な現金化を行う方法まとめ

ソファでPCを触りながらくつろぐ女性

さて、ここまで、クレジットカードのショッピング枠現金化について、悪質な業者を避けて優良店舗を探す方法、違法性、自分で現金化をする方法など、様々なポイントを見てきました。

それでは、最後に安全な現金化を行う方法をまとめておきましょう。

  • ・クレジットカード現金化は優良な業者を選ぶ!
  • ・ネット完結型は公式サイトから申し込み
  • ・店舗型は来店して申し込み
  • ・審査がなくて総量規制対象外だから、色々な人から人気!
  • ・違法ではないが、別の法律に違反して逮捕された業者の事例は存在する
  • ・クレジットカード現金化は自分でもできる
  • ・自分で行う場合は、リスク・デメリットについて知っておこう!

以上になります。

今回ご紹介したのは、クレジットカード現金化を行う前に知っておいてほしい知識ばかり。
それぞれの項目をもっと詳しくご覧になりたい方は、別ページの記事もご覧になってくださいね。

クレジットカード現金化は、自分で行う場合も現金化業者を通す場合も、基本的に自己責任ですので、正しい知識を身につけた上で利用するようにしてくださいね。

クレジットカード現金化の新着トピックス

最終更新日:

>>クレジットカード現金化の最新トピックス一覧はこちら

別の項目で現金化業者を探す!

クレジットカード現金化について知識を深めよう