クレジットカード現金化の体験談

優良現金化業者口コミランキング

みんなの体験談!現金化活用の成功事例や失敗事例をご紹介!

クレジットカード現金化にはどうしてもグレーなイメージがつきまとっています。
初めて利用しようとお考えの方の中には最後の一歩がどうしても踏み出せないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時はもうすでに現金化を利用した人から話を聞くのが一番です。
自分も初めてだったけれど勇気を出して申し込んだら急場をしのぐことに成功したという話を聞けば勇気付けられるでしょうし、急ぐあまりに悪徳業者に捕まってしまった失敗談を聞けば自分が利用する時の参考にもなるというもの。

というわけで、このページではクレジットカード現金化を利用した人の体験談を紹介していきます。

これらの体験談を他山の石として、クレジットカード現金化を利用する際の参考にしていただければ幸いです!

活用の成功事例

事例1:東京都在住 Sさん 男性(28)

スマホを触る男性

私がクレジットカード現金化を使おうと思ったのはお得意先の部長さんから急に飲み会に誘われたことがきっかけでした。
お得意先ですので誘いを断るわけにはいきませんが、その時は給料日前でどうしても現金がありませんでした。
私の会社は経理関係が厳しくて経費も先にもらうということができません

カードローンは先月の引っ越しで上限いっぱい使ってしまっていました。
お金を借りられるようなあてもなく途方にくれていたところ、ネットでクレジットカード現金化の存在を知りました。
これならいけるかもと思って業者に電話してみると、驚くほどにあっさりと現金が振り込まれました。

返済に関しても翌月に優先して返済したので特に問題も起こらず、本当に助かりました。

事例2:埼玉県在住 Tさん 女性(31)

パソコンを見て上機嫌な女性

新婚の時に家計のやりくりで困ってしまってクレジットカード現金化を利用しました。
私たち夫婦は電撃結婚で出会ってすぐに意気投合して同棲期間もほとんどなく結婚しました。
いざ、共同生活が始まってみるとお互いに細々としたお金の管理が苦手ということがわかりましたが、主婦ということもあるので私が家計を預かることに。

しかし、今までの一人暮らしとは勝手が違い、食費や光熱費で思ったよりもお金が飛んで行ってしまいました。
ですが、必死に働いてくれている夫に新婚早々にお金で失敗したとも言い出せなくてどうしようかと悩んでいました。
そんな時、学生時代からの友達に相談したところ、クレジットカード現金化を教えてもらい女性だとサービスしてくれるという業者も教えてもらいました。

どきどきしながら店舗に電話をかけてみると優しそうな声の女性が対応してくれ、夫にバレないでしょうかという相談も親身に聞いて大丈夫だと教えてもらいほっと一安心。
今ではすっかり主婦業にも慣れてお金の計算も板について来た私ですが、急な出費があってもクレジットカード現金化があるので気持ちに余裕ができました。

事例3:愛知県在住 Nさん 男性(33)

パソコンを持って決める男性

私は学生時代からパチンコが大好きで新台が入る時には必ず行っていましたし、基本的に自分のお小遣いは全部パチンコにつぎ込んでいました。
もちろん勝つこともありますが、勝った時は嫁さんにお土産を買ってご機嫌うかがいをして残ったお金で次の日も打ちに行く、というサイクルを繰り返していたので半月もすれば小遣いは綺麗になくなっていました。

その月もそんな感じで車のローンと生活費などを嫁さんに渡してパチンコへ行ってスってしまいました。
ですが、そんな時に限って実家の父が畑仕事の帰りに交通事故にあったという母から連絡が。
命に別条はないものの手術と入院の費用が必要だからお金を工面してほしいと言われました。

この時ほど自分の浅はかさを悔いたことはありません。
当然、私に手持ちはありませんし貯金だってありませんでした。
どうにかしなければと思っていてクレジットカード現金化に行き着きました。

すぐに現金を入手することができて父の手術も無事に成功し、現金化のおかげで事なきを得ることができました。

このときの返済のためにしばらくパチンコを控えていたら、パチンコ熱もすっかり冷めて無駄金を使うこともなくなったのは予期せぬ2次的効果でした。(笑)

活用の失敗事例

事例1:千葉県在住 Mさん 男性(30)

現金化の失敗のインタビューを受ける男性

私は東京の大学に進学し職場も関東で現在は千葉県で一人暮らしをしています。
高校生時代は全国的に見ればそれほどでしたが、地元では強豪と呼ばれる学校でサッカーをしていて県選抜の候補になったこともあります。
当時のクラブの監督には本当にお世話になり、サッカーの技術も人間として大事なことも色々なことを教えていただきました。

しかし、ある時、高校時代のクラブの同期生から連絡があり監督が脳卒中でなくなったと聞かされました。
お通夜は翌日の夜とのことでしたが、当時、私は結婚式を挙げたばかりでその費用で貯金などを使いきってしまっていました。

それでも、お世話になった恩師のお通夜に何としてでも出席したいと思った私は、ネットで現金化という方法があることをしりすぐに業者に電話をかけました。

そのとき、気が動転していたのと早くお金を都合しなければとろくに調べもせずに目についた業者に電話をかけたのがいけませんでした。
言われた通りの手続きを行ったにも関わらず、ネットで書いてあった10分を過ぎても振込はなし。
30分を過ぎて苦情の電話をかけた時には電話が繋がらなくなっていました。

結局恩師のお通夜には出席できず、カード会社への借金だけが残る形に。
しばらくは悔しさと怒りで震えていましたが、考える前に動くのは悪い癖だと恩師に言われていたことを思い出し、最後に指導をしてくれたのかもしれないと思いました。

事例2:大阪府在住 Yさん 男性(25)

パソコンに向かう男性

大学を卒業して右も左もわからない社会人一年生の時にクレジットカード現金化を利用しようとして痛い失敗をしてしまいました。
九州から出て来た私が就職した会社はバリバリの体育会系で、社内の飲み会がしょっちゅうある上に合コンなども多くあります。

私も大学まで体育会でしたし、一年目ということもあって会社になじむためにも誘われた飲み会には全て出席していました。
付き合いの悪い同期を先輩が快く思っていないことなども聞いていると、やっぱり飲み会参加はしておかないとという気持ちが強かったです。

そして給料日前に例のごとく先輩から合コンに誘われて、一も二もなく合コンへの参加を表明はしたものの、その月は友人の結婚式が2件続いてかなりの金欠でした。
何とか翌日の合コンまでにできる金策はないかとクレジットカード現金化を利用しました。

本当に急いでいたので、現金化の仕組みや注意点などもよくわからないままに業者に電話。
しかし、手続きを進めていくと最終の換金率が事前に聞いていたより随分低く、キャンセルしたいと言うと「もうスタッフが動いているからキャンセル料がかかる」と・・・。
結局、押し切られる形で低い換金率で利用しました。
合コンには参加できたものの、よく知らないものにわからないまま手を出すのはよくないなと身に染みました。

事例3:東京都在住 Iさん 女性(45)

買い物をする主婦

一昨年の春、私の息子はとある有名私立校に入学を決めました。
我が家は決して裕福ではないものの、コツコツ貯めた学費用の貯金で3年間は大丈夫なはずでした。
息子は名門と呼ばれる野球部に入ったのですが、そこでの親同士のつき合いがとても大変。

誰もが知っている大手企業の部長夫人さんやら、老舗の料亭の女将さん、某大手家電メーカーの人事課長の奥さんなどなど。
そうした親たち同士の集まりが月に2度のペースで有名ホテルのレストランや懐石料理のお店で開かれ、参加しない人は眉をひそめてお上品に悪口を言われていました。

参加しないと子供が仲間はずれにされるのではと思い、何とか費用をやりくりしていたのですが半年ほどで限界が訪れました。
必死に何かお金が手に入る方法はないかと悩んでクレジットカード現金化の利用を決めました。

電話をかけて手続きをしてしばらくして口座を確認するとお金が振り込まれていて、一安心と思いきや、振り込まれた金額は電話先やサイトで聞いていた還元率よりも低かったのです。
再び店舗に電話かけて確認するも、手数料だなんだとごまかされ結局泣き寝入りする羽目に。

身の丈に合わないことに付き合っていてもろくなことにならないと思い、息子に謝ってそれ以降は集まりには参加しないことに。
息子はむしろ今まで参加していたことに驚いたらしく呆れられてしまいました。

まとめ

以上、クレジットカード現金化を利用した方々の体験談でした。
上手に活用していた方々の共通点としては、事前に情報をとってよく調べ、返済計画もしっかりしていたということです。

クレジットカード現金化に限らず、お金を借りる前に返すまでの道筋をきちんとつけることが重要です。

<逆に失敗してしまった方々の共通点は、すぐにお金が欲しいと焦るあまりによく調べないままに業者に電話してしまったことです。
ほんの少しの手間を惜しんだばかりにお金が手に入らなかったり、少なくなってしまったりしまったケースです。

お金に関わることですのできちんと調べた上で行動した方が良いでしょう。
失敗事例とはいえ今回はまだマシなケースばかりで、悪ければ身の安全や個人情報の流出につながることもありますので、信頼できる現金化業者を探して利用してくださいね!

クレジットカード現金化について知識を深めよう