クレジットカード現金化の換金率について

クレジットカード現金化の換金率について

クレジットカード現金化業者を選ぶ際に重要なポイントは、やはり、換金率の高さです。

どうせならば、なるべく高い換金率で現金化が可能な、優良業者に申し込みたいと思いますよね。

現金化業者の換金率について調べようと思ったとき、一番最初に目を向けるのは、公式サイトに掲げられた表の数値だと思います。

大体の現金化業者は公式サイトの換金率表に90%前後という高数値を記載しているため、一見大きな差が生じないように感じられることでしょう。

しかし、口コミや書き込みなどのネット情報を調べていくと、実際の取引で、換金率を大幅に下げられてしまった利用者の切実な声も見受けられます。

悪質な詐欺も横行している中で、果たして現金化業者の提示する換金率を鵜呑みにして良いのものか、判断に困りますよね。

特に比較サイトに関しては、現金化業者から委託された広告商売目的のホームページも多いです。

営利目的の比較サイトは殆ど検索結果の上位に表示されてしまうため、情報を見たときに、どうしても真実味や信頼性に欠けてしまいます。

果たして、クレジットカード現金化における換金率とは如何に変動するのでしょうか。

公式サイトに記載された換金率表の数値通りに取引が可能なのでしょうか。

大幅に換金率を下げられてしまう噂話は実際に起こりうるのでしょうか。

この記事では、クレジットカード現金化の換金率についての真実に迫ります!

クレジットカード現金化における換金率の真実

まずは、現金化業者側が提示する換金率表の数値について、押さえておきたいポイントを確認していきましょう!

公式サイトの換金率表には最高値が記載されている

クレジットカード現金化業者を利用する際に重要なポイントは、公式サイトの換金率表に記載された数値が、そのまま実際の取引時に反映されるわけではないという点です。

実は、現金化業者の提示する換金率表の数値は、あくまでも、利用する金額の大きさや利用回数など、様々な好条件が重なった時の最高値なんです。

公式サイトの換金率表に最高値を記載する行為は、殆どの現金化業者が通例として行っており、現段階では、業界の常識と言えるでしょう。

優良なクレジットカード現金化業者であれば、換金率表の脇に、記載の数値が最大値である事実をきちんと明記しています。
誠実な対応を心がけている証拠なので、しっかりと換金率表の注意書きに目を向けてみましょう!

100%近い換金率や一律換金率は信頼できない

よく、業界トップクラスの最大98%還元率!」といったキャッチコピーを掲げている現金化業者の姿が見受けられます。
これは、有名な優良業者の多くが行っている現金化の基本的な宣伝方法です。

押さえておきたい点は、異常な高換金率サービスの宣伝が基本的に、利用者をおびき寄せるための誇大広告だということです。

例えば、実際に98%の換金率がそのまま取引時に反映されるとした場合のことを想像してみましょう。
もし98%という破格な換金率でずっとサービス提供していれば、クレジットカード現金化業者自ら、明らかに収益の無い取引を繰り返すことになりますよね。

経営破綻を承知の上で、宣伝した通りの高換金率で常に取引を行う現金化業者は存在しません。

また、希望額が1万円でも100万円でも、換金率一律95%と謳う現金化業者も存在するが、同様に、実際の取引時にそれが反映されることはありません。

本当に換金率が一律であれば、1万円での現金化の場合に、業者側の利益は500円となってしまいます。
極めて少額な利益のため、サービスを逆手に取った人からの連続利用などを受けてしまえば、簡単に運営が成り立たくなってしまいます。

クレジットカード現金化における実際の換金率とは

現金化業者の掲げる換金率がそのまま反映されないのだとすれば、実際の取引時は一体どう検討をつければ良いのか、具体的な指針が欲しいですよね。

ここからは、クレジットカード現金化における実際の換金率について、詳しく見ていきましょう!

公式サイトの換金率表と実際の取引数値は異なる

公式サイトの換金率表が反映されないということは、表の数値と実際の取引数値が異なるということです。
こうした最も条件の良いポイントを掲示して集客する方法は、キャッシングや銀行の金利、ゲーム販売や飲食業など、幅広い業界で用いられます。
一般的にもよく見られる手法ということですね。

重要なことは、最高換金率と実際の取引数値の差は、現金化業者によって異なるという点です。

例えば、如何に当初提示された最高換金率が高くとも、実際の取引数値との差が開いてしまえば、他の現金化業者に目を向けたくなりますよね。

また、最高換金率が90%と銘打っておきながら、実際の取引では50%にまで数値を下げられてしまっては元も子もありません。
そして、上記のような異常な換金率でのサービス提供は、明確な詐欺行為です。

利用者の中には、換金率を詐欺同然といった具合にまで落とし込まれても、「現金化ってこういうものか」と勘違いして取引を承諾する方も多いため、注意が必要です。

ここまでくると、次は、換金率表と実際の取引数値の差がどれ位に落ち着いていれば一般的と言えるのか、具体的な平均相場を知っておく必要がありますね。

以下では、換金率の平均相場について詳しく見ていきましょう!

換金率の平均相場

結論から言うと、クレジットカード現金化における実際の換金率の平均相場は、1万円〜20万円までの取引額で約75%と言われています。

実際の取引時に最高値に近い90%以上の換金率が提示される条件は、100万円以上の超高額利用者に限られます。

10万円程度の現金化が希望の利用者の場合だと、最低でも75%以上であれば、正当な取引といえる換金率だと考えて良いでしょう。

裏を返せば、換金率が75%以下を大きく下回る取引を提案する現金化業者は、詐欺行為とまでは行かずとも、優良業者とは言い難いので、すぐに別の店舗を検討するべきです。

しかし、業者側の収益を考慮するとしても、なぜ最高換金率と実際の取引数値に差が生じるのか、気になるところ。

次に、実際の換金率が最高値とずれてしまう理由について説明致します!

実際の換金率には手数料が上乗せされる

最高換金率と実際の取引数値に差が生まれる理由はズバリ、手数料の上乗せです。

実際の取引時には、現金化サービスを提供する上でかかった必要最低経費が、最高換金率から差し引かれています。
それは、業者側が現金化を提供する過程で、実際に高換金率商品をストックする費用やカード決済料金など、準備するための負担を被っていることが、大きな理由です。

利用者は、業者側が負担していたサービス提供の際にかかる経費を手数料として支払っているため、実際の取引時に換金率が低くなったと感じてしまいます。

手数料とは、クレジットカード現金化業者にとって収益の一部であり、利用者側の支払いに上乗せすることで初めて商売が成立します。

手数料を最高換金率から差し引くといっても、優良業者であれば前述した換金率の平気相場通り75%以上での取引が可能なんです。
決して不当な請求というわけではなく、正当な取引を進め、クレジットカード現金化という経営を成立させるための、最低限の要素と言えます。

クレジットカード現金化業者の種類によって換金率は変わる

クレジットカード現金化業者の換金率を大きく左右する手数料の一つは、商品のストック費用です。

クレジットカード現金化業者が採用している経営方式によって商品のストック費用は大きく異なり、利用者が負担する手数料にもそのぶん差が生まれてしまうんです。

当然ですが、換金率も同様に、各現金化業者で変化するということになります。

基本的に現金化業者は、買取方式とキャッシュバック方式という2つの方式のいずれかを採用しています。
つまり、この2つの経営方式の違いによって、換金率に差が生じてしまうわけなんですね。

以下では、経営方式の違いから見られる換金率の変化について見ていきましょう!

キャッシュバック方式の現金化業者は換金率が高い傾向に!

キャッシュバック方式を採用している現金化業者は、商品ストックの費用が削減されるぶん、高換金率サービスを提供しやすいと言えます。

クレジットカード現金化の基本形は、ブランド品などの高換金率商品をカード決済して、それを転売するという、買取方式です。

キャッシュバック方式とは、実際に高換金率商品で取引するのではなく、ビー玉といった安価な商材に景品として現金を付与する方法のこと。

つまり、キャッシュバック方式であれば高換金率商品をストックする必要が無いため、そのぶんの負担費用がかからず、手数料としてかかっていた利用者の負担も軽減されます。

軽減された経費で手数料を浮かせ、高換金率サービス向上に投じている現金化業者も多く存在するので、キャッシュバック方式採用であれば申し込みの時に電話で数値を確認してみるのが良いでしょう。

買取方式の現金化業者は手数料が高めだが安全性が高い!

キャッシュバック方式とは反対に、買取方式採用の業者は手数料が高めになりがち。
しかし、デメリットばかりではなく、買取方式の現金化業者の方が安全性が高いと言われています。

買取方式では、実際に換金率の高い商品を随時ストックする必要があるため、その準備費用分、利用者が負担する手数料も高くなるんですね。

しかし、買取方式は手数料が高い代わりに、キャッシュバック方式で扱う安価な商材を利用しないことの安全性を獲得できます。

取引する商品自体の価値を遥かに超えた景品を付与するキャッシュバック方式の仕組みは、実質的な貸金業と見なされて摘発される可能性もあります。

もちろん、キャッシュバック方式も明確な合法性を保持する安全な現金化方式ですし、過去に利用者が逮捕された事例など一つもありません。

しかし、古くから利用の盛んな買取方式の方が、実際に高換金率商品で取引する分、違法性を疑われる心配が少ないとは言えるでしょう。

換金率を下げてでも業者を通すメリット

手数料によって換金率が下げられてしまうのならば、カード決済での商品購入から転売までを一人で行った方が良いのではないかと思いがちですが、業者を通すメリットも確実に存在します。

以下では、手数料によって換金率を下げられてしまってでもクレジットカード現金化業者を利用するメリットについて見ていきましょう!

日本全国いつでもスマホひとつで利用可能!

まず業者を通すメリットで一番大きいのは、スマホやパソコンさえあれば時間や場所を気にせず現金化が利用可能なところ。

自分一人で現金化を行うとなると、高換金率商品を選ばなくてはいけなかったり、売る場所が営業時間外で翌日まで待たなければならなかったり、どうしても時間と手間がかかります。

しかし、現金化業者を通す場合は、商品の準備から転売までの工程全て、業者側に任せて大丈夫なので、利用者側の負担が随分と軽減されます。

深夜帯にすぐに現金化したい時でも即時入金が可能なため、急な出費にも対応が可能なんです。

換金率を下げることで利便性を買っていると考えれば、現金化業者へ支払う手数料を前向きに思うことが可能ですね!

クレジットカードの利用停止リスクを回避できる

現金化業者を通すもうひとつのメリットは、クレジットカードの利用停止リスクを大きく下げられるという点。

クレジットカード会社の利用規約には、換金目的でのカード決済を禁止する事項が存在しています。

クレジットカード現金化自体に違法性はないものの、カード会社の利用規約に違反しているので、グレーゾーンと言われているわけですね。

クレジットカード現金化業者を利用すれば、商品の購入時に店舗とカード会社の間に決済代行会社を挟むため、疑われる危険性は少なくなります。
ただし、あまり頻繁に利用したり、一気に高額を利用したりすれば、利用停止になる恐れもあるので注意しましょう。

新幹線の回数券や最新のゲーム機など高換金率の商品をクレジットカードで購入すると、カード会社から利用を一時的にストップされたり、確認の電話が入ることがあります。
特にクレジットカード現金化を自分で行う場合は要注意です。

現金化業者を利用することで安心を買っていると考えれば、現金化業者へ支払う手数料を前向きに思うことが可能ですね!

悪質な現金化業者に注意!

上記では、業者を通した現金化のメリットについて説明したが、中には利用者に対して詐欺を働く悪質な業者も少なからず存在します。

以下では、悪質な現金化業者の詐欺行為について、具体的に言及致します。

法外な手数料を取られるかも

悪質な現金化業者の中には、利用者に対して法外な手数料を上乗せして、大幅に換金率を下げたまま取引を強行する輩が存在します。

詐欺行為に該当する換金率とは、前述した通り、平均相場である75%よりも遥かに低い値のことです。

また、正当な手数料とは、現金化業者がサービス提供の際に負担した必要最低経費ぶんの金額です。

例えば、申し込み前に異常な換金率の高さを執拗にアピールしてくる行為は、利用者を呼び込んだ後で無理やり詐欺まがいな手数料を請求する悪質な現金化業者の典型なので、注意しましょう。

個人情報を闇金業者に売られる可能性

悪質な現金化業者は、闇金業者や消費者金融に顧客名簿を売るための個人情報を集めている場合があります。

クレジットカード現金化に申し込む方は、学生や主婦の方以外に、キャッシング枠やカードローンを既に抱えている多重債務者も少なくないため、悪質性の高い同業種に横流しする個人情報として利用するには、最適の素材となるんです。

申し込み時にやたら個人情報を聞き出そうとしてくる現金化業者には十分に注意しましょう。

ショッピング枠増枠の勧誘に注意!

利用しようと思って申し込んだのに、ショッピング枠がいっぱいだった。
そんな場合に、更にお金を入金すればショッピング枠を増やせるとうそぶき、不当な現金を徴収する悪質な現金化業者もいます。
それは、既に支払い能力の乏しく、すぐにでも現金が欲しい利用者の足元を見た、明確な詐欺行為です。

ショッピング枠増枠の勧誘を受けた際に忘れていけないのが、クレジットカードの枠とは、カード会社から信頼とともに預けられた与信だということ。
現金化業者に増枠の権限は絶対に無いため、ショッピング枠を増やせると甘い誘惑をかけられても、断固として拒否するべきです。

悪徳業者に騙されないために

上記のように、悪質な現金化業者の詐欺行為や被害報告は様々に報告されています。
では、どうやって悪質な業者の被害から身を守れば良いか、具体的な方法をお伝えしましょう。

手数料や換金率は申込時にしっかり確認しよう!

換金率を大幅に下げたまま取引を強行する悪質な現金化業者に対しては、申し込み時に本当の手数料や換金率について、確認しておくことが重要となります。

予め詐欺行為を働きたい現金化業者は、利用者から手数料の確認を取られた場合、気を逸らすために別の話を振ってくるか、正確な数値を曖昧に濁して、とにかく利用者を申し込みにまで持っていくことに尽力します。
正当な取引をする現金化業者であれば、利用者からの質問に対して、具体的な手数料や換金率の数値を親切に説明してくれるので、対応には大きな開きがあります。

やけに高い換金率をアピールするばかりで、一向に実際の取引数値の話題を振ってこない現金化業者は、一番怪しいので、ぜひ一度具体的な数値に関する質問をしてみて、相手の出方を探りましょう。

必須の個人情報以外は渡さない!

執拗に個人情報を聞き出そうとしてくる現金化業者は、闇金業者などへの横流し狙いである可能性が高いので、絶対に必要最低限のデータ以外は渡さぬよう注意することが重要です。

現金化で利用者が提出するべき必要最低限の個人情報とは、本人確認のための身分証明書と、申し込み時の電話番号やメールアドレス、住所や生年月日、振込口座など、基本的な要項ばかりとなります。
クレジットカードのセキュリティーコードを聞き出されたり、本人確認以上の個人情報提示を求める現金化業者は悪質な可能性が高いので、すぐに取引を中止して他店舗を当たりましょう。

ショッピング枠がいっぱいの時は他の手段を!

ショッピング枠の利用限度額が既にいっぱいのクレジットカードは、良識のある現金化業者では取り扱ってくれないので、別の手段を考えるべきです。

指定した金額を入金すればショッピング枠を増やせるといった言葉で、自らの権限では動かし得ないサービスを持ち出してくる現金化業者は、確実に悪質なので、甘い言葉にのらないように注意してください。

知り合いや家族に借りたり、キャッシングを利用したりと、急な出費に困った時には様々な借り入れ方法が存在するので、現金化に執着することなく、一度視点を変えてみましょう!

厳選!高換金率のクレジットカード現金化業者

悪質な現金化業者に注意しろと言っても、初心者にとっては業界の知識を得るのにも一苦労です。
換金率の高い現金化業者の選定にも、ある程度の経験が備わっていなければ、十分に安心して行うことも不可能ですよね。

以下では、馴染みのない方が安心して利用可能な、高換金率と名高い優良クレジットカード現金化業者をご紹介致します。

高換金率現金化業者①あんしんクレジット

代表的な高換金率現金化業者の一つに、あんしんクレジットがあります。

創業15年以上の長い実績を誇るあんしんクレジットは、換金率や接客対応、入金速度など総合的なサービス評価が高く、確実にリピーターを増やし続ける優良店舗です

最高98,8%という換金率の高さは業界でも特出しており、また、実際の換金率も相場以上ということもあって、利用者は増加を続けています。
オペレーターの教育もしっかりされており、現金化やサービスに関する細かい質問も丁寧に対応してくれるのもリピーターが多い要因のひとつです。

高換金率現金化業者②おひさまクレジット

おひさまクレジットも創業12年以上の長い歴史を保つ老舗の現金化業者で、あんしんクレジットと同様に換金率や接客対応、入金速度といった総合的サービス評価が高く、信頼性の抜群です。

おひさまクレジット最大の武器は何と言っても、他店舗に引けを取らない安定した高換金率サービスです。
換金率表では、10万円以内の利用で88%という高い数値を掲げています。
キャッシュバック方式ということもあって、換金率表の数字との差も少なく、利用者からの満足度も高くなっています。

高換金率現金化業者③キャッシュライン

代表的な高換金率現金化業者で、上記2つの老舗店舗に引けを取らない新進気鋭の優良店がキャッシュライン

キャッシュラインは創業5年とまだ営業歴は浅い業者ではありますが、老舗業者には真似できない思い切ったサービス提供を実施して、利用客の心を他店舗に向けさせない取組を行っています。
換金率の面で平均相場以上であることはもちろん、クレジットカード現金化業界で初めての試みであるLINEでの取引対応も可能なので、手軽に思った若い層の利用者を着実に獲得しています。

まとめ

今回の記事では、クレジットカード現金化における換金率の真実についてお話しさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか。

公式サイトの記載された換金率表の意味や、実際の取引時に数値が変動する理由など、現金化業界の細かいサービス事情にまで情報を掘り下げていきました。

あんしんクレジットを調査する少女

最後に、記事内容の要点から、現金化の換金率についてもう一度振り返ってみましょう!

  • ・現金化業者の公式サイトに記載された表の換金率は最高値
  • ・換金率表と実際の取引数値は異なる
  • ・現金化における換金率の実際の平均相場は、1万円〜20万円までの取引額で約75%
  • ・実際の換金率には手数料が上乗せされる
  • ・クレジットカード現金化業者の経営方式でも換金率が変化する
  • ・悪質なクレジットカード現金化業者には注意
  • ・あんしんクレジット、おひさまクレジット、キャッシュラインの3店舗は高換金率の優良現金化業者

クレジットカード現金化業界では、換金率表から手数料が差し引かれて、実際の取引数値が変化します。

そして、手数料は、クレジットカード現金化業者の経営方式などの理由から各店舗で異なるので、自ずと換金率も各々で異なる、というわけなんですね。

手数料と換金率の関係性に注意を払うことで、現金化業者の選定にも役立ちます。

事前に確実な知識を身につけて、換金率の高いクレジットカード現金化業者を判断できるようになってから、安全に申し込みを行いましょう!

最終更新日:

公開日:

著者名:佐藤 隆道

別の項目で現金化業者を探す!