キャッシュラインのクレジットカード現金化について

キャッシュラインのクレジットカード現金化について

キャッシュラインの公式サイト

キャッシュラインは現金化業界の中では比較的新しい業者。
しかし、そのサービスレベルの高さは既に大手と肩を並べるほどで、今もっとも注目されている現金化業者さんであると言っても過言ではありません。

それでは、「キャッシュライン」の快進撃が真の実力によるものなのか、それとも、悪質な手法によって急速にシェアを伸ばしているだけなのか、実際のところを検証していきましょう!

目次

キャッシュラインのサービス内容

キャッシュラインの特徴

まず目を引くのが98.8%という最高換金率の高さ。
この数字がそのまま適用されることはないとしても、最高換金率が高いことは全体的な換金率が高いことも期待できます。

クレジットカードの種類も基本的なところについては、問題なく使用可能です。
AMEXやJCBなどの現金化難易度が高いと言われるカードでも利用できます。

電話対応も9時〜20時までと広めの時間設定がされています。
これだけ幅があれば、平日仕事があるという人でも、仕事が終わった後などに電話をすることができますね。

初回契約時に換金率が5%upするというキャンペーンがあるため、特に初回では他の現金化業者よりも高い換金率となる可能性が高いですね。

最高換金率

  • 最高98.8%

利用可能クレジットカード

  • クレジットカードのvisa
  • クレジットカードのAmericanExpress
  • クレジットカードのMasterCard
  • クレジットカードのJCB

電話対応時間

  • 9:00〜20:00

特筆事項

  • リピート率No.1、土日・24時間対応可能

キャッシュラインのおすすめポイント

最高換金率が非常に高い!

「キャッシュライン」の最高換金率は98.8%と極めて100%に近い数字が掲げられています。

「あんしんクレジット」「24キャッシュ」なども同じ数字を設定しています。

ただ、高い換金率は確かに魅力的ではありますが、この数字で取引が行われることはまずないということだけは押さえておきましょう。
キャッシングやカードローンの最低金利と同じようなもので、最高換金率はいくつかの条件が噛み合った場合にのみ適用されるものだからです。
とはいえ、理論上であっても、この数字以上の換金率になることはないので高いに越したことはありません。

現金化業者の調査で数多くの1位を獲得!

キャッシュラインは2016年上半期の「クレジットカード現金化」優良業者リサーチ(マーケティングリサーチ社主催)では、全5部門中4部門で第1位を獲得しているとのこと。

ただ、この賞がどれだけ信憑性があるかは不明です。
マーケティングリサーチという会社があるのかもわからず、グレーゾーンサービスの現金化でそんな調査が行われたというのも、少し疑わしいように感じます。

昔からではありますが、現金化業界では顧客の奪い合いが激しく、とにかく目立つことを書けばいいという風潮があります。
問題なのは、本来そんなことをしなくても良い優良業者まで、生き残りのために同じような手法を取っていることです。
優良業者も食べていかなければいけませんからね。

ですから、この賞が怪しいからと言って「キャッシュライン」が悪質業者と言い切れない点が、現金化業界の難しいところです。

初回契約時換金率5%upキャンペーン開催中!

初回契約時の換金率が5%アップするというキャンペーンを開催中とのこと。

小数点以下で換金率を競い合っている現金化業界において、5%アップは破格のキャンペーンと言えるでしょう。

悪質な業者の場合は申し込み時にホームページに記載がない条件がつくこともありますが、このキャンペーンがすべての初回利用者に適用されれば、「キャッシュライン」は文句なく優良業者と言って良いでしょう。

キャッシュラインを実際に利用した人の口コミ

ニックネーム(匿名可能)
性別
年齢
利用金額
満足度必須
利用目的必須
口コミ内容必須

総合満足度: 4.50/5点 口コミ: 2

投稿日:2017年11月21日

現金化利用者

利用目的:友達への借金返済

  • 満足度
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価

ケンタロウさん(〜19歳 男性)

利用金額:1〜10万円

友達に借りたお金を返すために、キャッシュラインで現金化をしました。

現金化って大人のサービスだと思っていましたが、カードがあれば僕みたいな学生でも利用できたことに驚きです。

電話対応してくれたお姉さんの声が可愛かったからまた利用してみようと思います。

投稿日:2017年11月17日

現金化利用者

利用目的:へそくり

  • 満足度
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価
  • 現金化の評価

高木さん(30〜39歳 男性)

利用金額:1〜10万円

私は年に数回全国各地へと出張に行くのですが、そこでの色々と現地を楽しむためのお小遣いをやりくりするためにショッピング枠現金化でキャッシュラインさんをたびたび利用しています。基本的に財布は妻が握っているので、妻にバレるようなやり方はできませんが、クレジットカード現金化なら妻にもバレずに足りなくなった時に必要な分だけ用立てられるので助かっています。

キャッシュラインの他サイトでの評価・評判

「キャッシュライン 口コミ」で検索すると様々な口コミサイトやランキングサイトがヒットします。
現金化業者の公式サイトにわざわざ悪い口コミを載せる業者はいないでしょうから、口コミをチェックしようとするとこれらのサイトを一つ一つチェックしていくことになります。
ただ、これらの口コミをひとつひとつチェックしていくのはとても大変ですよね。

そこで、当サイトが各口コミサイトを詳細に分析し、良い評価・悪い評価に分類し、それぞれのサイトや口コミの信憑性についてもチェックしました。
これを見れば簡単にいくつものサイトでの「キャッシュライン」の評判を知ることができますよ

キャッシュラインの良い評価・評判

  • 対応ルートの広さ・安心感が魅力

    キャッシュラインの特徴のひとつとして、ホームページからの問い合わせ(流れについての動画があるのも高評価!)や電話での問い合わせ、そして業界初であろうLINEからの相談も実施していることが挙げられています。
    利用者の流入ルートの多様化の波は一般的な業界と同じくクレジットカード現金化業界にも押し寄せています。

    現金化業界でもトップクラスに位置する現在の好調な成績に甘んじることなく、常に世の中の流れを注視して変化に対応していこうとするキャッシュラインの姿勢が、高い人気とリピート率の源泉となっているんですね。
    電話、WEB問い合わせ、LINEなどそうした面で非常に安心感があると言えるでしょう。

  • ユーザー評価がほぼ満点!

    「クレジットカード現金化 知っておきたい10の知識」というサイトでは、実際に利用したユーザーからの評価がほぼ満点であるという評価がされています。

    このサイトでは悪いところはとことん悪い、むしろ詐欺同然の業者である!と言い切るところが特徴で、このサイトで満点に近い評価を受ける業者は少ないため、それだけ評価に関しては信頼することができると言えるでしょう。
    また、競争の激しい現金化業界内での評判も非常に高い誠実な業者であるとも記載されています!

  • 現金化業界の最大手が運営している安心感

    キャッシュラインは現金化業界最大手が運営しているために安心という評価もあります。

    公式サイトにそう書いてあるだけかと思いきや、現金化業界の内部事情に詳しい知人によると、キャッシュラインでは電話やWEB申し込みなどを合わせて1日に約70~100件程度の利用申し込みがあるそうです。
    小さい業者では日に数件、ある程度の規模の業者でも平均30件程度の申し込みということを考えると、キャッシュラインのこの数字は確かに業界最大手と言えるでしょう。
    換金率や振込までのスピードでも業界最高峰という評価が非常に多く、若い会社ならではの思い切ったサービスが評価されています。

キャッシュラインの悪い評価・評判

  • 実際の換金率は70%前後?

    キャッシュラインの最高換金率は98.8%とサイトに掲載されていますが、実情とはかけ離れているという情報もあります。
    大抵の現金化業者でも言えることでキャッシュラインが特別ということはないのですが、サイトで一番目立つように記載されているのは最高換金率であって、実際に利用者の数が最も多い10~30万円程度の利用金額だと、サイトに掲載されている換金率とはかなり印象が違う換金率となることも多くあります。

    キャッシュラインの場合は最低でも88%が保証されているようですので、ここから手数料などが引かれることを考えると実際の換金率は70%半ばから80%前半といったところでしょう。
    この数字自体はクレジットカード現金化業界をある程度知っていれば、相場から大きく外れるというものではありません。

    キャッシュラインには大手業者としての安心感もありますから、換金率でそれほどお得でなくとも安全に素早くショッピング枠の現金化を行いたい方にはおすすめできます。
    もし、高い換金率を追い求めたいという場合は見積もりだけしてもらって、その見積もりを元に他社よりも換金率を引き上げるというキャッシュチェンジひまわりギフトといった業者に交渉してみるのも手ですね。

  • キャッシュラインの実際の創業は1年前?

    サイトのドメインの取得時期というものを調べると、そのurlがいつ取得されたかということがわかります。
    それを調べると2016年6月となっているので、通常、サイトのドメインというのは創業も同時期で非常に営業歴の浅い業者ではないかと検証しているサイトがあります。

    これに関しては確かにその通りで、サイトのドメインというものは基本的に滅多なことでは変更したりしないものです。
    本来であれば創業から一貫して続いているはずのドメインが変更されているというのは疑問ではあります。
    ただ、絶対に変更はありえないかと言えばそうでもなく、なんらかの事情で別ドメインでサイトをリニューアルしたということは十分に考えられる範囲ではあります。

キャッシュラインの他サイトでの評価・評判まとめ

キャッシュラインの他のサイトからの評価を総合すると、「新進気鋭の優良業者!」ということができます。
サービスは還元率・スピード・接客と全ての面で高い評価を得ており、そこに関してはどのサイトからも共通の認識であると考えて良さそうです。

また、ドメインの取得時期が創業時期と合わないため、創業時期をごまかしているのではないかという評判もありますが、私自身はそれほど大きな問題ではないとかんがえています。
もし実際に創業が2016年6月ということであれば、客寄せのためにいくらか営業歴を盛ったということになりますが、重要なことは実際のサービスではないでしょうか。

例えば、「元祖」を掲げるラーメン屋さんは色々なところで見るかと思いますが、本当に元祖かどうかを気にしたことがあるでしょうか?
私がラーメン屋で気になるのは、そのお店のラーメンが美味しいかどうかということだけです。
これはクレジットカード現金化業界でも同じことで、利用者にとって重要なことは店側が自分にどんなサービスをもたらしてくれるかということだけではないでしょうか。

この考えに基づくとキャッシュラインの場合において重要なことは、サービスの内容全体において悪い評価はほとんどないということです。
接客は非常に丁寧と評判ですし、無理に契約を迫るような強引さもなく、お金も事前の取り決め通りに振り込まれているということ自体に、異を唱えているサイトはありません。
実際の経営スタンスが優良であれば、特に経営歴への疑いだけで見逃すのはもったいないことだと思いますので、キャッシュラインさんはオススメできる優良な業者さんであるとさせていただきます。

最終更新日:

別の項目で現金化業者を探す!