キャッシュライン

キャッシュラインの実際の評価とは?実際に利用して検証してみた

キャッシュラインの公式サイト

キャッシュラインは、クレジットカード現金化業者の中でも比較的新しい店舗です。
創業5年の精鋭だからこそ可能な大胆さを胸に秘め、総合的サービスの向上に精を出しています。

総合的サービスの向上はキャッシュラインの若い利用者を増加させるきっかけとなっており、独自に展開するサービスは老舗のクレジットカード現金化業者には無い新鮮さを醸していると評判です。
気になる具体的なサービス内容については、口コミサイトや比較サイトを中心に情報が寄せられており、他の現金化業者と比較しても非常に多い部類と言えます。
情報が多いということはそれだけキャッシュラインの利用者が多いということなので、換金率や接客対応などに期待が持てますね。

ただ、ネット上の評判は真偽の判断が難しいため、具体的なサービスなど、実際にキャッシュラインを利用してみないと分からない部分も多いです。

そこで、キャッシュラインのサービス内容や特徴を始め、実際に利用してみた結果に基づく真の評判まで細かくレポートしていきます。

目次

キャッシュラインの特徴

メリット

キャッシュラインの利用する一番のメリットは、最大98,8%という換金率の高さです。
この換金率は代表的な優良現金化業者の平均的な換金率と比較しても、利用者に損をさせない優れた数値であると言えるでしょう。
初回契約時には換金率5%UPという嬉しいキャンペーンまで実施しており、多くの利用者が換金率はメリットに感じているようです。

デメリット

同じキャッシュラインの名前で詐欺行為を働いていた悪徳業者が過去に存在しており、初めて利用する方からは誤解されやすいです。
口コミ情報でも、キャシュラインという同名で書き込まれてしまうので、悪徳業者のほうと取り違えて利用を躊躇する方が出てきてしまうんですね。
利用した結果から判断しても、キャッシュラインは信頼に足る優良なクレジットカード現金化業者だと分かるので、偽の評価に振り回されずとも、安心して利用可能です。

最高換金率

  • 最高98.8%

利用可能クレジットカード

  • クレジットカードのvisa
  • クレジットカードのAmericanExpress
  • クレジットカードのMasterCard
  • クレジットカードのJCB

対応スピード

  • 最短5分

電話対応時間

  • 9:00〜20:00

特筆事項

  • リピート率No.1、土日・24時間対応可能

キャッシュラインを実際に利用した人の口コミ

投稿日:2018年01月16日

現金化利用者

利用目的:海外旅行資金

  • 満足度
  • 評価の星
  • 評価の星
  • 評価の星
  • 評価の星
  • 評価の星

はむなぷとらさん(20〜29歳 女性)

利用金額:1〜10万円

年末年始に友達みんなで海外に遊びに行くことに!
私は正直お金が厳しかったんですが、みんなの手前そんなことも言い出せず・・・。金策の方法を調べていてキャッシュラインさんを見つけました!換金率も満足でスピードも本当に10分程度でびっくりしました!また使うかも!

投稿日:2017年12月26日

現金化利用者

利用目的:旅行先で

  • 満足度
  • 評価の星
  • 評価の星
  • 評価の星
  • 評価の星
  • 評価の星

年忘れ物忘れさん(40〜49歳 男性)

利用金額:1〜10万円

夫婦で旅行に行った時に、スリにあってしまいました。財布を二つに分けていたのですが、そのままでは予定を消化できなくなりました。幸いクレジットカードがあったので、キャッシュラインに申し込んで資金調達ができました。換金率にも満足、おかげで旅行を楽しめました。

キャッシュラインの店舗情報を利用前に徹底調査してみた

キャッシュラインのホームページを見て分かる情報

優良業者と悪徳業者の公式サイトでは、装飾や記述内容など様々な項目で差が生じるため、安全に利用できるか見分けるための判断材料になります。
そこでキャッシュラインのホームページからわかる店舗情報を解説致します。

キャッシュラインのホームページ構成

  • トップページ
  • クレジットカード現金化とは?
  • 換金率
  • よくある質問
  • 会社概要

キャッシュラインの公式サイトは大きく5つのページで構成され、利用者が読みたい情報を簡単に把握できるよう的確な情報分割がされています。
通常悪徳業者の公式サイトには1ページだけの簡素なつくりが多く、集客率を見込む気のない様がありありと感じられるものですが、キャッシュラインはきちんとした構成です。

また、ホームページのコンテンツとしてクレジットカード現金化の基礎知識に関する記載を大きく盛り込んでいるので、初めての方でも安心して利用することができそうですね。

キャシュラインのホームページデザイン

キャッシュラインのホームページデザインを見ていきましょう。
まずKVですが、オペレーター女性の姿を公式サイト全体に分散させることによって、利用者のクレジットカード現金化に対する不安を掻き消すような工夫が施されています。

また、業者名部分は柔らかく、換金率やリピータ率などの実績として強調させたい部分は固くといった具合に、必要に応じて字体も変化しており、色味についても安心感を誘う緑色や明るさに満ちた黄色と赤、豊富な色彩で全体が華やいでいますね。

結論としてキャッシュラインの公式サイトは、全的な装飾性が非常に高いため、きちんと資金を投じて専門のWEBデザイン会社に委託した良質のホームページだと判断できます。

初めての利用者に対しての配慮

キャッシュラインの公式サイトに見られる最大の特徴は、初めての利用者が抱く不安の解消に最大限尽力している点です。
実際に公式サイトをよく見てみると、申し込みが初めてで不安な方を気遣って、寄り添う言葉が多く記載されています。

クレジットカード現金化と言うと、何かと悪い記述も多く、どうしても不安に駆られる方が利用を躊躇してしまいがちですよね。
キャッシュラインでは専門スタッフを育成し、利用者の質問に対して丁寧に答えてくれるサービスを徹底しているので、公式サイトでも堂々と記載ができています。

キャッシュラインを実際に利用してみた

実は私自身、以前にキャッシュラインを利用したことがあったので、感じたことや実際のサービス内容について利用者の目線から解説したいと思います。

キャッシュラインを利用した理由

キャッシュラインの詳細について記載する前に先に、少しだけ、私がキャッシュラインを利用した経緯についてお話ししたいと思います。
これからクレジットカード現金化の利用を検討している方に対して、何か大きなきっかけ作りになれば幸いです。

私がクレジットカード現金化を利用するきっかけは、美術系の大学院進学のための費用が必要な為、バイトに明け暮れていたことから始まります。
美術系の大学院は一般的な学費の相場よりも高く、奨学金申請も通りづらいため、両親の援助の他にも、自分でどうにか資金を捻出しなければいけませんでした。
作品制作の合間の時間を縫って可能な限りアルバイトに精を出していましたが、それでも難しいものがありました。

学費の安い通信制大学の検討を余儀なくされていた時、ネットサーフィンから現金化という言葉を見つけたことで、キャッシュラインの利用を検討しました。
クレジットカード現金化によって不足分の費用を補うことができたから、今自分は、きちんと希望の大学院で絵が描けているという状態です。
主婦の方や学生でも、クレジットカードがあれば安心して利用でき、生活のちょっとした悩みを解消してくれる存在にもなり得るのが現金化なのだと感じています。

キャッシュラインを利用した際の確認事項

  • スタッフの電話対応は良いか
  • 実際の取引時の換金率は良いか
  • 取引の強要は無いか
  • 個人情報を過剰に聞き出してこないか

キャッシュラインを実際に利用してわかったこと

キャッシュラインのスタッフ対応は親切で丁寧

キャッシュラインの公式サイトの申し込みフォームから申し込み後、数分で電話連絡が来たので、オペレーターの対応に応えながら本人確認等の手続きに入りました。
私が電話を受けた際の声は女性で、物腰も柔らかく、罵声やドスの利いた声によって不安に駆られる心配もありませんでした。
申し込みの直前に、クレジットカード現金化について様々な質問をしてしまいましたが、公式サイトの記載通り、根気よく丁寧に応対してくれて、安心してサービスを利用することができて助かりました。
オペレーターの方の優しい口調にも助けられて、すんなりと手続きを終えることができたと感じています。

キャッシュラインの実際の換金率は70~80%程度

キャッシュラインの公式サイトでは、1万円以上~15万円未満の利用で最大88%の換金率が保証されていると記載されていましたが、実際には70%~80%程度での取引となりました。

なぜホームページに記載してある換金率よりも低くなったのかを質問すると、カード決済料金などキャッシュライン側の負担分を手数料として、換金率表の数値から差し引かれての取引になったとのことです。
換金率表の数値から手数料を差し引くのは、クレジットカード現金化全体に共通する取引方法なのでキャッシュラインに限った話ではないらしいですよ。

現金化する金額が高額になるにつれて実際の換金率も高くなるらしいのですが、私がキャッシュラインを利用した際は、10万円と少額だったことも関係して、表の記載数値である88%よりも10%ほど低い値での取引になりました。

しかし、私が利用した額は、クレジットカード現金化業者の平均相場は70%前半だったことから考えると、キャッシュラインの実際の換金率は比較的高いと考えられるでしょう。

キャッシュラインに悪徳業者に特徴は無かった

私が実際に利用してみた感じでは、キャッシュラインに悪徳業者としての要素は見当たりませんでした。

電話対応もしっかりしていして、換金率も平均相場より高めで好印象です。
また、換金率が表の数値よりも低くなることを知らなかった私は、若干利用を取りやめる口調を示してしまったのですが、取引を強要されることはありませんでした。
そして、キャッシュラインのスタッフは、クレジットカード現金化での手数料の仕組みを丁寧に解説してくれ、「ご都合が合わないようでしたら」との触りから、私の選択を尊重してくれる言葉をかけ他ので嬉しかったです。

個人情報の横流しも悪徳業者は頻繁に行うと聞いていたため、執拗な聞き出しも注意していたのですが、必要最低限の情報しか聞かれかったので、安心した気持ちで現金化が終了しました。

まとめ

キャッシュラインは、換金率や接客対応など、総合的なサービス水準の高いクレジットカード現金化業者だと判断できます。

今回の調査で分かったこと
  • キャシュラインの公式サイトは専門業者に作成を依頼したしっかりしたホームページ
  • キャッシュラインの換金率が平均相場よりも高い
  • キャッシュラインのスタッフ対応は親切かつ丁寧
  • キャッシュラインに悪徳業者の気配はない

いかがだったでしょうか。
今回はキャッシュラインの特徴について、実際に体験した感想も踏まえて解説致しました。

総合的なサービスレベルの高さは、他の情報サイトでも同様の評価が多く存在しているので、私の体験した感覚は間違っていないようです。
無理に契約を迫るような強引さもなく、現金も事前の取り決め通りに振込がなされたので、キャッシュラインには詐欺行為の兆候もありませんので、私自身の体験談をもとにしたこの記事を読んで、少しでもキャッシュラインでの現金化を始める方が増えればと思っています。

最終更新日:

公開日:

著者名:佐藤 隆道