デビットカードで現金化はできるのか! クレジットカードとの違いって?


クレジットカードとデビットカードは、両方とも現金の必要のない決済方法として使用されています。

どちらも便利なカードではありますが、決済方法そのものが大きく違うということはご存知でしょうか。
非常に大まかに言ってしまえば、クレジットカードは後払い式、デビットカードは即時払い式となっています。

この違いから、クレジットカードなら問題なくできる現金化が、デビットカードではできないという違いがあります。
今回はクレジットカードとデビットカードの仕組みの違いと、デビットカードを用いた現金化がなぜできないのかを解説していきます!

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードの大きな違いとして、クレジットカードは後払い式、デビットカードは即時払いというのがあります。

信用第一のクレジットカード

クレジットカードは後払い式なので、買い物した代金は一時的にカード会社が立て替えることになります。

カードの利用者は、支払日に利用料金を支払うことで信用を積み重ねていきます。
カード会社としては、万が一お金を返済してくれない利用者は大きなリスクでしょう。
そのため、クレジットカードの発行には、この人に自社のカードを持たせてもよいかと、年収や現在や過去のローンなどの情報をもとに審査が行われます。
審査を通過した人のみがカードを所有する運びとなるわけですね。

お財布代わりのデビットカード

デビットカードは即時払い式のカードです。

買い物をしたときに提示すると、購入代金が提携した銀行口座からその場で引き落としされます。
口座の残高以上の買い物をすることはできませんので、クレジットカードよりも使い過ぎを予防できるというメリットがあります。

また、発行側に特別リスクもないので審査もなく、年齢も16歳以上から作成可能です。
年齢条件さえクリアしていれば誰もが持てるカードと言えますね。

ただし、即時払い以外の機能のついたデビットカードの場合は審査が必要となるので、注意が必要です。

デビットカードでは現金化を使う意味がない

結論から言うと、デビットカードで現金化を行えば、逆に損をしてしまいます。

現金化と言えば、通常クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を転売し、現金に換えなくてはいけません。

例えば、2万5000円の現金化を行いたい場合。<>br
現金化したい金額である2万5000円分の売値がつくゲーム機などの商品をカード決済で購入して、自分の手で売らなければなりません。
もちろん、業者を通して現金化を行う場合は、購入から転売までを業者が行ってくれます。

現金化では、カード決済をした商品の購入代金と売値の差額が少なければ少ないほど、換金率が高いということになりますよね。
デビットカードでの現金化を考える上で肝心なのは、必ず手元に入ってこない差額が生じてしまうことです。

基本的にデビットカードは、前払い式で銀行口座と直結しているため、購入した代金がそのまま口座から引き落とされてしまいます。
銀行口座から直接支払われるということなので、デビットカードで5万円の買い物ができれば、口座に5万円分あるということを意味しますね。
もともと自分が持っていたお金で購入した商品で売っても、何も得はありません。
考えてみると、現金化するよりも、銀行やATMで口座から普通に現金を引き出せばいいじゃないかという話になってしまいます。

ですから、デビットカードでは現金化を行う意味がありません。

デビットカードの便利な機能

デビットカードで現金化することはできませんが、便利な機能がついている場合があります。
現金化とは異なりますが、緊急でお金が必要になった時にはこうした機能を活用することで、現金を調達することも可能です。
以下で詳しく見て行きましょう。

当座繰り越し機能

金融機関が発行しているデビットカードの中には、当座繰り越しという機能が存在します。
当座繰り越しとは、総合口座の残高以上を引き出そうとしたときに、定期預金を担保として借り入れができる機能のことです。

定期預金の80%を上限にした、当座繰り越し機能のついているデビットカードを利用した場合について考えてみましょう。
定期預金に10万円あるとすれば、総合口座の残高が0円でも、8万円を借りることが可能ですね。
また、当座繰り越し機能で現金を借りたしても、定期預金はあくまでも担保なので、中身はそのままとなります。

ただし、これはデビットカードを利用した買い物の決済時に利用できる機能です。
現金化のように、実際に自由に使える現金を作ることができるわけではないことに注意してください。

立て替え機能

立て替え機能とは、総合口座に残高が足りないときに、その分のお金を立て替えてくれる機能のことです。

例えば、公共料金や税金などの引き落としや普通の買い物時などに、口座の中に残高では足らなかったとします。
支払いができない状況でも、デビットカードをそのまま使用すれば、立て替え機能の与信枠から、自動的に残額を引き落としてくれるんです。
立て替えのできる上限額自体はあまり大きくはなく、枠としては数万~10万円くらいだと思っておきましょう。

こちらは、当座繰り越し機能と同じく定期預金がなくても利用することができます。
ただし、支払い時の足りない分のお金を立て替えてもらうというシステムなので、こちらも現金でもらえるわけではないことは覚えておきましょう。

続いては、クレジットカード現金化とデビットカードを比較してみましょう。

クレジットカード現金化とデビットカードの比較

クレジットカード現金化では、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えていくというものです。
カード決済した商品を売って、その売値が現金化されます。
自分の口座や手元にお金がない状況からでも、現金を手にいれることができます

一方、デビットカードは、自分が銀行口座に預けていたお金をそのまま支払い時に使用しています。
支払いに使われるのは自分の銀行口座に今あるお金。
ですから、手元にある金額以上の決済は不可能です。

現金化は続けると支払わなければいけない負債が増えていきますが、デビットカードは自分の稼いだお金の範囲内で使用するお金なので負債は増えません。
つまり、クレジットカード現金化とデビットカードの違いを単純に言うと、負債が増えるか増えないかです。

緊急に自分の手持ち以上の金額が必要になった場合はクレジットカード現金化。
単純に現金での支払いが面倒だという場合はデビットカードを使用すると良いでしょう。

まとめ

最後にここまで書いてきた事柄を箇条書きにしてまとめていきましょう。

  • ・クレジットカードは後払い式でデビットカードは即時払い式である
  • ・デビットカードを現金化に使えば損をする
  • ・デビットカードの当座繰り越し機能や立て替え機能の場合でも現金化には使えない
  • ・クレジットカード現金化とデビットカードの違いは負債が増えるか増えないかである

いかがだったでしょうか。
クレジットカードは後払い式で、銀行口座の残高に関わらず借り入れや支払いが可能です。
現金化にも有効で、ショッピング枠を用いて自由に試みることができます。

デビットカードは、銀行口座を常に持ち歩いているようなもので、自分の持つお金の範囲内で支払いや借り入れが行えます。
残念ながら現金化には不向きでしたね

どちらのカードも長所と短所を兼ね備えているため、自身の都合に合わせてご使用頂ければと思います!