カード利用停止
クレジットカードのショッピング枠現金化は、手軽に現金を手に入れるためには便利な方法です。しかし、カード会社の利用規約に違反する行為であることも事実です。そのため、現金化を何度も利用していると、カード利用停止になるリスクも自然と高まりますね。

では、利用停止になると具体的にどのような class=”blue b”>デメリットがあるのでしょうか。カード利用停止になった後のことを解説していきます。

そもそも、なぜ現金化をカード会社に知られてしまうのか?

一般的に、ショッピング枠現金化をしている人は、キャッシング枠を限度額まで使っていることが多いです。キャッシング枠を使い切った人が、今度は急にショッピング枠を使い始めたら、カード会社も怪しく思って調べ始めるでしょう。

また、新幹線チケット商品券など換金性の高い商品を大量に購入している場合も、知られるリスクが高まります。借金を抱えた人が、いかにも転売できそうなブランド品ゲーム機を買い始めた場合も同じです。

このように、ショッピング枠を現金化する人には共通点があることが分かりますね。カード会社は思った以上に目を光らせているので、業者を使わず現金化する人は特に注意しましょう。

次に、カード利用停止になってしまったら、どのような対応を迫られるかをご紹介します。

利用停止になったらどうなる?

1.残債務の一括支払いを求められる

カード利用停止処分となった後、クレジットカードが失効してしまう可能性があります。そうなると、まだ支払期限の来ていないカード利用残高の一括返済を求められるかもしれません。高額なショッピング枠現金化を行っている場合は、特に注意してください。

ただし、カード会社によっては分割返済の相談に乗ってくれる所もあります。ショッピング枠現金化をする際は、現金化に寛容なクレジットカードを選んだ方が無難ですね。

2.信用情報機関に載る

カード利用停止になった事実は、信用情報機関に掲載されます。今後、新たにクレジットカードを作るときの審査が厳しくなりますしお手持ちのカードも更新されないおそれがあります。さらに、これから住宅ローンを組む予定のある方は、住宅ローンの審査にも影響します。

一度利用停止になると、このような恐ろしいペナルティが課せられますが、もちろん救われる可能性もあります。具体的に解説していきます。

利用停止になってもできることはある?

カード利用停止が解除される可能性がある

まず、一時的にカード利用停止になったとしても、交渉次第で復活することがあります。例えば、換金性の高い商品を大量購入して現金化を疑われたときは、カード会社に電話連絡して経緯を説明すれば、納得してもらえるかもしれません。

また、ショッピング枠現金化にそれほど厳しくないカード会社であれば、一定機関経過後に自然と利用停止が解除されることもあります。このあたりの対応は、カード会社によって異なりますので、気になる方は一度相談してみてください。

他のクレジットカードで現金化できる

また、1つのカードが利用停止になったからといって、すぐに他のカードが使えなくなるわけではありません。クレジットカードを複数枚持っていれば、他のカードを使ってショッピング枠現金化することもできます

とはいえ、利用停止になった事実は信用情報機関に載るため、そのうち他のカード会社にも現金化した事実は知れ渡るでしょう。カードの更新が拒絶されるおそれもありますので、注意してください。

まとめ

クレジットカード利用停止になるのは、とても怖いことですね。カード会社に目をつけられないためにも、ショッピング枠現金化はほどほどに留めておいた方が無難です。

また、現金化業者の利用により、カード会社に現金化の事実が知られるリスクは格段に抑えられます。カード利用停止のリスクを恐れている人は、現金化業者を利用した方が良いかもしれませんね。