スマホアプリのメルカリで現金化する人

話題のメルカリは現金化に使えるのか

メルカリってなに?

メルカリとは、スマートフォンを使ったフリマアプリのことです。

スマートフォンのアプリからいらない商品を売ったり、他の人が出品した商品を買ったりすることができます。
出品したい方は、スマートフォンで出品したいアイテムの写真を撮影し、特徴を入力するだけで出品が完了。
一方で購入したい方は、欲しい商品の画像が出ているページをボタン1つクリックするだけという手軽さで、人気が高いアプリです。

出品が無料!

フリマサイトやオークションサイトでは、毎月の利用料や入会金がかかるものもありますが、メルカリはそういった料金は無料ですが、販売時に手数料の10%がかかることになります。
コンビニ払いやキャリア決済にすると手数料がかかりますので、購入するときの支払いはクレジットカードがおすすめです。

メルカリが仲介してくれるから安心

オークションサイトやフリマサイトによっては、出品者側と購入者側でトラブルが発生することがあります。
しかし、メルカリは購入者側に商品が届いてから、出品者側に代金が支払われるので、商品が届かない、お金が振り込まれないなど、双方でトラブルは発生しにくいとされています

メルカリで現金化するには

現金の出品が昔はOKだった!?

メルカリでは以前、現金化を狙ったとみられる現金の出品が相次ぎ問題となりました
例えば現金4万円分なのに、なぜか4万5千円で売られている…現金化を知らない人からすると「???」となる出品が話題となったのです。
今では、現金化を狙ったとみられる現金や商品券などの出品には制限がかかるようになりました。
ちなみに現金化目的ではない、旧紙幣ならOKなようです。
しかし、価値がありそうなものならば、フリマアプリよりオークションサイトを使った方がコレクターによって高値がつくイメージがあります。

現金化がバレやすい商品は危険

近年では、SNSが発達したことにより、違法なものなどについては、1つのSNSのつぶやきがキッカケで警察が動くことがあります。
そのため、現金化サイトを使用する以上に、いろんな目的で多くの人に使われるメルカリは、現金化目的で使用していることがバレやすいということがあるので、注意しなければなりません。

転売を成功させるには

メルカリサイトをチェック

現金化を成功させるには、メルカリでどのような商品が売れやすいかチェックしてみましょう。
画面上でゲーム機やブランド品、ベビー用品など売れたものにはSOLDマークがついていますのでわかりやすいです。
夏休みの時期になると小学生の夏休み対策として、自由研究や図画工作、読書感想文が売れたというケースもありますので、季節やトレンドを狙った商品もおすすめです。
一般的に現金化といえばブランド品を含め、換金性の高い商品が選ばれやすいですが、メルカリはさまざまな利用者がいるので、普段は使わないキャンプ用品やキッチンセット、おもちゃなどが売れやすいということもあります。

できれば商品は小さめなものを

発送は着払いか出品者負担か選べるのですが、どちらにしろかかるものなので、送料を抑えるためにはできるだけ小さいサイズで送れるものがよいでしょう。
途中で中身になにかあっては大変なので梱包はしっかりとします。
100均のお店でもガムテープやぷちぷち、ビニール袋など梱包に関するグッズはたくさん売られています。
らくらくメルカリ便や、ゆうゆうメルカリ便を使えば、A4サイズのものでも全国175円または195円で発送可能。
そして、特筆すべきは、あて名書きが不要な点
メルカリが仲介し、お互いに住所も名前もやり取りせずに取引ができる部分は画期的です。

ほかのサイトでも売られている?

もともと自宅にあったものならばともかく、商品を購入してメルカリに出品する転売方式ならば、仕入れでどれくらい安く抑えるかがポイントです。
同じ商品をアマゾンや楽天の方が安く買えるとなれば、そっちで購入する方が安心感があるという方もいますので、一般的に売られているサイトで相場をチェックして、オークションサイトなどで安いものを探してみましょう。